広東語の数字はこれで覚える。ジョージ・ラム(林子祥)の「數字人生」

大家好。香港が好きな人間、とっぺです。

広東語を勉強したくて、たまらネェ……という感情を抑えつつ、普通話を勉強しています。

でも、『恋する惑星』のように、歌を口ずさむような広東語を話したい……!

恋する惑星 ケバブ屋 おっさん

おう!おっさん、あんたのことだよ!おっさんの歌うような広東語にはマジ惚れたぜ。

(このおっさん、陳錦泉という人らしい。本当に映画では名脇役だと思う)

で、少しでも広東語を学びたい。

挨拶、自己紹介、数字だけでもいいから、少しぐらいは知っておきたい。

そんな人におすすめの歌があります。それが林子祥(ジョージ・ラム)という香港の歌謡スターが歌う、「數字人生」という曲。

数字人生という名前の通り、歌詞の中には数字ばかり! このエントリでは、この歌詞と日本語の意味を紹介していきたいと思います。

[続きを読む→]

中国語の学習にはYouTubeを生かせ!中華圏の言語と文化を学べるYouTuber6選

大家好!みなさんは中国語を勉強してますか?

僕は6月から中国語を学び始めて、まだ会話できるレベルには至ってないですが、ある程度文章は読めるようになってきました。

日本人における中国語学習におけるハードルは、以下のものではないでしょうか。

  • 会話における聞き取り
  • 実際の会話のテンポ

市販の学習テキストと向き合う独学だと、中文会話のテンポやイントネーションを自分のモノにするのは難しいと思います。

書籍に付属しているCDの音声は、丁寧かつ聞き取りやすい音声ではありますが、実際の会話能力に生かせるかどうかは別の話。CDの発音は綺麗な普通話なので、それだけで広大な中華圏のリアルな発音に応えようなんて難しいものです。

もちろん基本を押さえることは大事ですけど、現場のチャイナパワーを吸収したい私は会話を理解できるようになりたい!と思います。そういうモンでしょう!

しかし毎日が忙しい方は、なかなか中華圏の人に会えないですし、会話力向上の機会は乏しいと思います。

そこで、僕はYouTubeを活用することをおすすめします。

なぜなら、YouTube上には中国語学習に役立つYouTuberがたくさんいるからです。中国で生活している外国人や日本に留学している中華圏の人が沢山動画を上げています。それらの動画の中には、日常的な会話や言い回しが多数登場し、また日本語字幕や中文字幕が付いているから、非常に会話の学習に役立つのです。また中国語の学習だけでなく、動画を通じて現地の文化も知れるため、一石二鳥なのです。本当におすすめです!

このエントリでは、6つ、僕のおすすめのYouTuberを紹介します。ぜひ中国語の学習に生かしてみてください~!

[続きを読む→]