マカオに来たら立ち寄るべき、ファンシーなメイド喫茶『PINK CAFÉ』

マカオのメイドさんはとってもキュート!

pink_cade_macau

佐藤です。

中国珠海のイミグレを通過し、ようやくマカオに入りました。

広州で大幅に時間を食われ、マカオのスケジュールがぐっちゃぐちゃ。珠海にもあるはずのメイド喫茶は綺麗さっぱり無くなっていたし。

さすがチャイナ。ここでは何が起こるか分からない。

さて、マカオと聞いて真っ先に思い浮かぶのは「カジノ」ですけど、同人即売会やメイド喫茶が存在するという噂を聞いていて、日本文化に対してはわりと寛容みたいです(小さな国なのに素晴らしい!)。

そのメイド喫茶に入ることができたので、その体験記を書いていこう。

マカオのメイドカフェは、路地裏のやや薄気味悪い場所にあった!

マカオの路地は香港と同じ感じ

拱北口岸のポートを抜け、まっすぐ南下していくと「提督馬路」という大通りがあるので、そこをさらに下っていく。

Weiboに載っていた情報を頼りにグルグル回っていたが、なんだか分かりづらい場所にありそうな予感

マカオには、こんな感じの有楽町ガード下みたいな細い道が多い
マカオには、こんな感じの有楽町ガード下みたいな細い道が多い

麻薬の密売とか映画のワンシーンに出てきそうな、薄気味悪い通路を通ってみる。

macau_anime_event_poster

通路にて「ACG偶像演唱會」なるイベントの告知ポスターを発見。コスプレアイドルのイベントみたいです。台湾のMisaさんとか、ホントに日本以外の東アジアや東南アジアでのコスプレイヤーはアイドルですよね。

このポスター周辺にメイド喫茶はありそうな予感が……

pink_cade_macau

と思っていたら、すぐ近くにありました!

Macau_maidcafe_frontmenu

入り口の看板には「夢遊仙境」「海洋之心」「榛子珈琲」と書かれていて、これがオススメの飲み物みたい。フムフム。

字面から想像できる飲み物の雰囲気やイメージ。漢字圏の旅行はこれができるからいいですよね。

シャンデリアまで!コダワリを感じさせる内装にビビる

広州で訪れたメイド喫茶が、かなり残念過ぎたので、マカオは正直期待していなかったのですが

……ですが!

DSC00523

めっちゃファンシー!おとぎの国な感じでいっぱい…!

広州の学園祭レベルなメイド喫茶とは一体何だったのか。

日本でもここまで内装にこだわった店って少ないのでは?
日本でもここまで内装にこだわった店って少ないのでは?

「PINK CAFÉ」という店名のとおり、きめ細かなところまでピンクピンクな内装で、圧倒される!!

シャンデリアがあるマカオのメイド喫茶

上を見上げるとシャンデリアまで…

これには期待せずにはいられない!

内装だけでなく、中身もしっかり。豊富な種類のメニュー

マカオのメイド喫茶のメニュー

紫のメイド服を身に纏った可愛らしいメイドさんがメニューを渡してくれました。

けど、残念なことに、このお店の従業員は一人も英語が通じないようでした。ポルトガル語なら通じるのかなー?と思いつつ、メニューを開いてみると

マカオのメイドカフェのメニューはかなり豊富

色んな種類でギッシリ。(ここをクリックすると拡大してみれます

サラダにサンドイッチ、ハンバーガー、カレーライス、パスタ…など飲食系は一通り揃ってました。ちゃんと「日式蛋包飯(オムライス)」もあって日本リスペクトが感じられていい!

価格は平均して食べ物が60パタカ(約850円)、飲み物が35パタカ(約500円)くらいって感じ。高くもなく、チャージ料はないのでやや安いのかなと思います。

南国っぽい感じがいいなあと思って、今回は「香芒初夏(芒果奶昔)」ことマンゴーミルクシェイクを注文してみました。

「香芒初夏」って中国語分からないけど、とっても詩的な感じがする。きっとメニューにもファンシーさが溢れているのかにゃ?

マカオのメイド喫茶で注文したマンゴーシェイク

待つこと数分、これがそのマンゴーミルクシェイク。

500円にしては、かなり豪華ではないかと!? 割安感があっていいですね。

果実のあま~い感じが広州・珠海で溜まった一日の疲れを癒やしてくれました。丁寧なつくりで美味しかったです。

言語的な障壁はあるものの、総合的には楽しめるお店

マカオのメイド喫茶はWiFi完備
WiFiも完備してあり、英語が通じない点を除けば満足度は高い

実はこの時に僕ともう一人、マカオ人のお客さんが一人いて、彼は英語をちょこっとだけ話せました。彼の名は英名でフレデリック。

どうもこのお店、昔は「COSPLAY CAFE」という名のお店だったらしく、何かをきっかけに「PINK CAFÉ」に改装したみたいです。

彼はアニメというよりはドラマの日本文化好きで、日本のドラマの色んなことを話してくれてとっても嬉しかった。メイドカフェが大好きみたいで、香港によくフェリーでそのためだけに行くらしい(笑)。僕が香港に今晩戻ることを伝えると、いくつか香港のメイド喫茶をお勧めしてくれました。

しかし、彼のサポートがなければこの訪問は成功しなかったと思う。それぐらい言語的なハードルはメッチャ高いお店

内装とフードはイケていると思うので、ぜひマカオに来たら訪れてみてほしいです。女性だけで来店しても楽しめると思います。

マカオのメイドさんはとってもキュート!

ここのメイド喫茶は写真もOKみたいで、撮らせていただけました(店内がガラガラだったからかもしれないけど)。

マカオ人の彼曰く、左がベッキーちゃん、右がリサちゃん。日本人に好まれそうなルックスだなあと感じられました。

マカオのメイド喫茶

あー!また今度マカオ来ることがあれば、訪れてみたい!フレデリック君と話していて20時ぐらいになってしまった…。

それでは、香港へ戻ります。

まとめ

PINK CAFÉ

オタク充実度:★★★★☆
一般旅行満足度:★★★☆☆

住所:澳門沙梨頭海邊大馬路384號(提督馬路,スーパーマーケット「來來超市」を裏に入ったところにあります)
電話番号:+853-2825-3150
営業時間:12時-21時
定休日:火曜日
予算:1000円前後(香港ドルも使えます)
対応言語:広東語、北京語

参考URL:
Pink Cafe – ULifestyle Travel」(香港のメディア)
Pink Cafe – Taiwan in Patane Macau | OpenRice Hong Kong」(香港版食べログ)

Pocket
LINEで送る

  • ぺんぎん

    こんにちは!現在マカオに旅行中の者です。こちらのブログを拝見してこのPinkcafe(粉紅咖啡)を今回訪れたのですが、既に閉店して「葡苑 vineyard fusion」という別のお店(6/15からオープンしていたそうです。3ヶ月で何があったのか…)になっておりました…。一応ご報告をと思いコメントさせていただきます。

    • kazu67

      こんにちは!コメントありがとうございます。
      なんと…そうだったのですね。あのあたりって結構人通り少ないですよね。実は、この記事で訪れた時もあまり盛り上がってなさそうな感じでした。
      香港の友人曰く、マカオのお店は潰れては出来て、、とコロコロ変わるようです。^^;